期間限定特別価格 【新製品AMP/FX】 [WHE209] Overdrive Toe Camel HUGE WAY-エフェクター

オフィシャルサイトへ


WAY HUGE ELECTRONICS
RED LLAMA OVERDRIVE MKII

Green RhinoとRed Llamaを結合したオーバードライブ。中央のミニ2wayスイッチが回路の切り替えで、奥側がシリーズ接続、手前側がパラレル接続になっています。

シリーズ:バイパススイッチでGreen Rhinoセクションをオンオフします。左フットスイッチでRed Llamaセクションがオンになり、ゲインがブーストアップされます。(※シリーズモードではRed Llamaセクションのみの使用は行えません。)
パラレル:左フットスイッチでGreen RhinoセクションとRed Llamaセクションを選択します。それをバイパススイッチでオンオフします。(※パラレルモードでは、2つの回路を同時使用は行えません。)
Green Rhinoセクションはクラシックゲインモードを追加し、Red Llamaセクションは新しいハイカットを新たに採用。単なる既存品の2 in 1では無い仕上がりになっています。
※スイッチが右側にシフトしていますが、実際には前後のシフトになります。
WAY HUGE
1992年Jeoge Trippsによって送り出されたWAY HUGEのペダルは1999年まで次々と優れたペダルとしてリリースされました。その後、生産を終了してからも、ブティックエフェクター市場で、もて囃されてきました。今回、Dunlopでチームを結成し、再びWAY HUGEのペダルを世に送り出すことにしました。